37歳で医者になった僕 あらすじ

第2話 あらすじ

コミュニケーションを深めるため、入院患者全員に朝の挨拶回りを始めた祐太(草g剛)。
そんな中、すず(ミムラ)が祐太の勧めで森下(田辺誠一)の治療を受けることに。

診察にあたった森下は、治療の不安を取り除くため丁寧に話を聞き、すずを安心させる。
そんな森下の患者に対する姿勢に、祐太は尊敬の念を抱いていた。

 

翌日、祐太は新見(斎藤工)から挨拶回りを禁止されてしまう。
祐太が「何でも相談に乗る」と言ったせいで、患者たちが下田(八乙女光)ら研修医に使い走りを頼んだり、
病状の悪化を勘ぐったりと、苦情が殺到しているという。

 

瑞希(水川あさみ)から「私の患者には近づかないで」と釘を刺され、
森下からも「研修医はまず仕事を覚えるのが先」と叱咤されて落ち込む祐太。

 

そんな折、祐太は瑞希が担当する糖尿病患者・桑原拓真(徳井優)に出会う。
腹部の痛みを訴える桑原に、祐太は診察を勧めるが、
入院を長引かせたくない桑原は拒否をする。
早く退院したいために、桑原は担当医に痛みを隠していた。

 

別の疾病を疑った祐太が桑原のカルテをチェックしていると、
それを見とがめた瑞希から、激しく抗議を受ける。
祐太は、桑原が瑞希に何も相談できないとこぼしていたことを告げ、信頼関係が築けていないと指摘。
プライドを傷つけられた瑞希はさらに逆上する。

 

その夜、祐太は入院費が払えず病院から逃げ出そうとする桑原に遭遇。
桑原は祐太の制止を振り切ろうとするが、激しい痛みに倒れてしまう。
桑原は腹部大動脈瘤破裂を起こしていたが、祐太と森下の迅速な対応で危険な状態を脱した。

 

「理想だけじゃ救えないが、理想を持っていない医者にも、患者さんを救うことはできないと思います」
という祐太の言葉に考え込む瑞希。

 

明くる日、祐太が医療費の減免制度を勧めようと桑原を訪ねると、
すでに瑞希から説明を受けたと聞かされる。
瑞希が見せた心遣いに喜ぶ祐太。

 

そしてまもなく、祐太の新たな行動がまたも周囲をあ然とさせることに。
患者たちがいつでも相談を持ちかけられるようにと、
自分の連絡先まで記した名刺を配り始めた…

 

第2話で、瑞希(水川あさみ)が持っていたバッグはこちら

第2話の感想

祐太先生の真っ直ぐな生き方に惹かれますね。

 

医療現場という難しい問題を取り扱ったドラマですが、
そこに立ちはだかった課題・壁を取り除こうとする姿は、
とても共感ができます。

 

実際に医療現場に携わっている方々にとっては、
賛否両論もあるかと思いますが・・・。

 

個人的には、第3話以降もどんなストーリーが展開されるのか、
とても期待できるドラマです。

 

第2話 視聴率

13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 

第2話 動画ページ

PANDORA.TV
tudou

37歳で医者になった僕 あらすじ(第2話)関連ページ

あらすじ(第1話)
ドラマ・37歳で医者になった僕 の第1話あらすじ・感想、視聴率、動画ページ紹介など。
あらすじ(第3話)
ドラマ・37歳で医者になった僕 の第3話あらすじ・感想、視聴率、動画ページ紹介など。
あらすじ(第4話)
ドラマ・37歳で医者になった僕 の第4話あらすじ・感想、視聴率、動画ページ紹介など。
あらすじ(第5話)
ドラマ・37歳で医者になった僕 の第5話あらすじ・感想、視聴率、動画ページ紹介など。
あらすじ(第6話)
ドラマ・37歳で医者になった僕 の第6話あらすじ・感想、視聴率、動画ページ紹介など。
あらすじ(第7話)
ドラマ・37歳で医者になった僕 の第7話あらすじ・感想、視聴率、動画ページ紹介など。
あらすじ(第8話)
ドラマ・37歳で医者になった僕 の第8話あらすじ、視聴率、動画ページ紹介など。
あらすじ(第9話)
ドラマ・37歳で医者になった僕 の第9話あらすじ、視聴率、動画ページ紹介など。
あらすじ(第10話)
ドラマ・37歳で医者になった僕 の第10話あらすじ、視聴率、動画ページ紹介など。
あらすじ(最終回)
ドラマ・37歳で医者になった僕 の最終回あらすじ、視聴率、動画ページ紹介など。