37歳で医者になった僕 あらすじ

第4話 あらすじ

木島(甲本雅裕)が亡くなったショックから立ち直れない祐太(草g剛)。
そんな折、数年前に引退した大女優・羽山早苗(江波杏子)が
内科に入院し、祐太が担当になった。

早苗は末期の肝臓がんで、すでに手の施しようがない状況だったが、
毎日見舞いに訪れる家族に囲まれ、病状は安定していた。

 

そんなある日、祐太は見舞いに来た家族に病状を説明しようとするが、
家族は話を聞こうとせず、病気のことは本人に話して欲しいと告げて
逃げるように帰ってしまった。
家族の対応に違和感を覚える祐太。

 

同じ頃、自殺未遂を起こした大学生・吉野香織(岡野真也)が内科に入院し、
下田(八乙女光)が担当に。腎臓疾患の疑いがあったが、香織は治療を拒否。
再び自殺を図ってもおかしくない精神状態にもかかわらず、
家族も体調不良で引き取りに来られないという。

 

下田は、就職と恋愛に悩んで自殺を図ろうとした香織を
非難する言葉を投げかけてしまう。

 

その直後、香織が病室から姿を消した。
必死に香織を探し回る研修医ら。
その頃、病室を抜け出してトイレでタバコを吸っていた早苗は、
うつろな表情の香織と鉢合わせする。

第4話の感想

今回のテーマは、医者としての役割・線引き。
医者は神様じゃない。どこかで線引きをしなければいけない…。

 

そんな中、祐太が心に決めた「線引き」には、心あたたまるものがあった。
羽山早苗(江波杏子)との掛け合いのシーンも、見応えあり。

 

下田の心の移り変わりも、心に響いた。
医者を目指したきっかけは浅はかなものだったかもしれないが、
祐太の影響も受けつつ、本来の医者としてのあり方に気づいていく姿は、
なんだか安心する。

 

第4話 視聴率

13.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 

第4話 動画ページ

PANDORA.TV
tudou

37歳で医者になった僕 あらすじ(第4話)関連ページ

あらすじ(第1話)
ドラマ・37歳で医者になった僕 の第1話あらすじ・感想、視聴率、動画ページ紹介など。
あらすじ(第2話)
ドラマ・37歳で医者になった僕 の第2話あらすじ・感想、視聴率、動画ページ紹介など。
あらすじ(第3話)
ドラマ・37歳で医者になった僕 の第3話あらすじ・感想、視聴率、動画ページ紹介など。
あらすじ(第5話)
ドラマ・37歳で医者になった僕 の第5話あらすじ・感想、視聴率、動画ページ紹介など。
あらすじ(第6話)
ドラマ・37歳で医者になった僕 の第6話あらすじ・感想、視聴率、動画ページ紹介など。
あらすじ(第7話)
ドラマ・37歳で医者になった僕 の第7話あらすじ・感想、視聴率、動画ページ紹介など。
あらすじ(第8話)
ドラマ・37歳で医者になった僕 の第8話あらすじ、視聴率、動画ページ紹介など。
あらすじ(第9話)
ドラマ・37歳で医者になった僕 の第9話あらすじ、視聴率、動画ページ紹介など。
あらすじ(第10話)
ドラマ・37歳で医者になった僕 の第10話あらすじ、視聴率、動画ページ紹介など。
あらすじ(最終回)
ドラマ・37歳で医者になった僕 の最終回あらすじ、視聴率、動画ページ紹介など。