『謎解きはディナーのあとで』の著者・東川篤哉さんって、どんな人?

ドラマ『謎解きはディナーのあとで』の原作を書いた、東川篤哉さんってどんな人なんでしょうか?

東川篤哉プロフィール

東川篤哉(ひがしかわ とくや)さんは、1968年生まれで広島県尾道市出身。

岡山大学法学部を卒業後、一般企業に就職するも26歳の時に退社。
それからは、アルバイトでなんとか生計を立てながら、作家を目指します。
そして2002年、『密室の鍵貸します』でKappa-One登竜門を受賞し、作家デビューを果たしました。

その後、『密室の鍵貸します』を含む烏賊川市シリーズや、
架空の高校の探偵部をメインに描いた鯉ヶ窪学園探偵部シリーズなど数々の作品を発表。
そして2010年9月、『謎解きはディナーのあとで』を発表し、翌2011年4月に本屋大賞を受賞しています。

本屋大賞の授賞式に登場した東川さんは、メガネをかけた小柄な人。
スピーチでは、
「何をしゃべろうか会場で考えようと思っていたが、取材攻めで考える暇がなかった。
早く4分ぐらい経たないかな…」

と笑いを誘いました。

本当は、向井理がよかった!?

こうして人気作品となった『謎解きはディナーのあとで』は、ついにドラマ化が決定。
東川さん自身は、以前あるインタビューで「もし作品を映像化するなら?」という質問に、
影山は向井理、麗子は美人の女性なら誰でもいいと答えたそうです。


2011年10月時点で、およそ160万部を売り上げた原作。
11月10日には、シリーズ第二作となる『謎解きはディナーのあとで2』が発売されました。


「謎解きはディナーのあとで」のご購入はこちら↓↓↓

「謎解きはディナーのあとで」楽天で購入
「謎解きはディナーのあとで」Amazonで購入
「謎解きはディナーのあとで」Yahoo!で購入

「謎解きはディナーのあとで 2」のご購入はこちら↓↓↓

「謎解きはディナーのあとで 2」楽天で購入
「謎解きはディナーのあとで 2」Amazonで購入
「謎解きはディナーのあとで 2」Yahoo!で購入

『謎解きはディナーのあとで』に登場したアイテム

北川景子さん使用のメガネ「ビビッドムーン」

麗子(北川景子)が着けているメガネは、「VIVID MOON(ビビッドムーン)」という商品。
「ビビッドムーン」シリーズは、北川さんがイメージキャラクターを務めているんですね。

「ハミルトン・アードモア」

刑事として活躍する麗子(北川景子)が、スーツ姿のときに着用している腕時計。
1930年代に大流行したアール・デコデザインを時計に完璧に表現した復刻版モデル。
大人気のため、楽天ショップの間でも売り切れ店が続出しています。

その他、ドラマに登場した
 >>【衣装】の一覧はこちら
 >>【アクセサリー】の一覧はこちら

管理人プロフィール

ようこそ!管理人のJUN です。
ドラマ好きな1児のママです。

くわしいプロフィールはこちら


ページの先頭へ

QLOOKアクセス解析 人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ blogram投票ボタン PVランキング サーバーリソース