『謎解きはディナーのあとで』第4回の感想・レビュー

謎解きはディナーのあとで第4回感想を書きます。

今回は、いつもと違ったパターンで話が進んで、なんだか新鮮でしたね。
麗子が容疑者扱いされたことで、このドラマの大きな要素である
「執事とお嬢様」の関係にスポットが当てられていましたよね。

それから、アメコミがなかったことや、風祭の幼稚な推理がいつもと比べて短かったところもよかったです。
あと、公式ブログによると、音楽の入れ方も変えていたようですね。

それにしても、風祭は「お嬢様・宝生麗子」の正体に気づきません・・・。
「刑事・宝生麗子」のときとは服装が違うのもありますが、いちばんの原因は
あの黒ぶちメガネにあるのかもしれませんね。

ケント・デリカット・・・。この名前、すごく久しぶりに聞きました^^;
そのモノマネをするときに借りていた、執事・吉田(森本レオ)の老眼鏡が
事件の謎を解くカギになるとは・・・。

そして、謎解きでポイントとなったのが、「お嬢様」という呼び方にあったんですね。
ふつう、「お嬢様」といえば若い女性を想像してしまいがち。
これが麗子の推理を惑わせていて、よくできたトリックだなと思いました。

これまでの放送の中で、今回の第4話がいちばん楽しめました。
推理モノが好きな私にとっては、前回までのような「余計な演出」はいらないんデス^^;

第4回のあらすじ
第4回の動画
キャスト紹介

『謎解きはディナーのあとで』に登場したアイテム

北川景子さん使用のメガネ「ビビッドムーン」

麗子(北川景子)が着けているメガネは、「VIVID MOON(ビビッドムーン)」という商品。
「ビビッドムーン」シリーズは、北川さんがイメージキャラクターを務めているんですね。

「ハミルトン・アードモア」

刑事として活躍する麗子(北川景子)が、スーツ姿のときに着用している腕時計。
1930年代に大流行したアール・デコデザインを時計に完璧に表現した復刻版モデル。
大人気のため、楽天ショップの間でも売り切れ店が続出しています。

その他、ドラマに登場した
 >>【衣装】の一覧はこちら
 >>【アクセサリー】の一覧はこちら

管理人プロフィール

ようこそ!管理人のJUN です。
ドラマ好きな1児のママです。

くわしいプロフィールはこちら


ページの先頭へ

QLOOKアクセス解析 人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ blogram投票ボタン PVランキング サーバーリソース