『謎解きはディナーのあとで』第6回の感想・レビュー

謎解きはディナーのあとで第6回感想を書きます。

今回の影山は、かなりはっちゃけてましたね~;(^.^);
恒例のティータイム用にクッキー(実はキャットフード)をコソコソかくしたり、
“紅薔薇のたたり”におびえる麗子をさらに驚かせるために部屋の電気を消したり。

はたまたカクテルシェーカーでロイヤルミルクティーを作ったり、
毒舌を吐くときに目をパチパチさせたり・・・。
翔くんファンにはたまらない表情ばかりだったのでは?(=^ v ^=)

第1回で、影山の子どものころの夢は「プロ野球選手」と「探偵」って言ってましたが、
今回あらたにもう1つの夢が明らかになりましたね。
それが「国立の七不思議」のひとつである“紅薔薇のたたり”を解決すること。
ってことは、影山はずっと国立で育ってきたんだ・・・(*^ v^*)

前回の記事で思わずネタバレしそうになりましたが、謎解きの部分では、
「黒猫」と「車椅子」がカギでしたね。

被害者が住んでいた離れに近づくと、体調が悪くなってしまう藤倉家の主人。
本当は猫アレルギーのせいだったのに、いかにも“たたり”の仕業に見せかけるのは、
よくできてたと思います。

犯人が黒猫に引っかかれた傷をごまかすために、被害者をバラの上に横たわらせるというのは
あんまり意外ではなかったですが、
その後、黒猫が物置から見つかったことで
死体を運ぶのに使われたのが「車椅子」ではなく
「ベビーカー」ではないかという推理の展開が見事でした!(・○・)!

それにしても、お化けとか幽霊とかにメチャ苦手な私には、
今回のお話は怖かったです・・・(:>_<:) 特に、事件解決したときの“べにこの亡霊”はたまらなかったデス(ToT) 第6回のあらすじ
第6回の動画
キャスト紹介

『謎解きはディナーのあとで』に登場したアイテム

北川景子さん使用のメガネ「ビビッドムーン」

麗子(北川景子)が着けているメガネは、「VIVID MOON(ビビッドムーン)」という商品。
「ビビッドムーン」シリーズは、北川さんがイメージキャラクターを務めているんですね。

「ハミルトン・アードモア」

刑事として活躍する麗子(北川景子)が、スーツ姿のときに着用している腕時計。
1930年代に大流行したアール・デコデザインを時計に完璧に表現した復刻版モデル。
大人気のため、楽天ショップの間でも売り切れ店が続出しています。

その他、ドラマに登場した
 >>【衣装】の一覧はこちら
 >>【アクセサリー】の一覧はこちら

管理人プロフィール

ようこそ!管理人のJUN です。
ドラマ好きな1児のママです。

くわしいプロフィールはこちら


ページの先頭へ

QLOOKアクセス解析 人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ blogram投票ボタン PVランキング サーバーリソース