榎田大樹ファンサイト

阪神タイガース・榎田大樹投手の非公式ファンサイトです。榎田投手の成績データ、関連ニュース、プロフィールなど。 サイトマップ

2011年6月12日(VS西武戦 @西武ドーム) 榎田投手の成績

投球回 球数 打者 打数 安打 本塁打 三振 四球 死球 犠打 暴投 ボーク 失点 自責点
1 43 8 2 1 0 0 2 1 2 0 0 4 3

この日の榎田投手は、4?3と1点リードの5回裏から登板しました。

5回からというのは、これまでで最も早い段階での登板でした。この日の先発は、故障が明け久々の登板となった安藤。2回に3本のタイムリーを浴び3失点で、早々にマウンドを降ります。2番手・福原は2回1/3をノーヒットピッチング(1四球)。味方打線も逆転し、榎田投手にとっていい流れの中での登板かに見えましたが・・・。

榎田投手には珍しく、立ち上がりからコントロールがままなりません。3つの四死球と送りバントで1アウト満塁のピンチを作ると、ここで真弓監督が動きます。キャッチャーを交替させたのです。

先発マスクは岡崎でした。恐らく、安藤とファームで「バッテリーを組んできた経験」を買ったのでしょう。しかし、岡崎には「1軍の試合経験」がありません・・・。ルーキー・榎田を上手くリードできず、結局藤井がマスクをかぶりました。

迎えたバッターは代打・平尾。阪神OBの平尾には、交流戦でよく打たれている印象がありますが、この日も2点タイムリー。2・3塁となって銀仁朗が3ボール1ストライクから、まさかのスクイズ。榎田クンは捕球してそのまま本塁にグラブトスしようとしたのでしょうが、これを後逸してしまいます。

その後も犠牲フライを打たれ、合計4失点。こんなに制球を乱す榎田クンは見たことがありません。やはり、これまでの疲労が重なっていたのでしょうか?

西武といえば、榎田クンにとってプロ初勝利を挙げたチーム。今回は、その西武から借りを返された格好となってしまいました。

2011年6月12日(VS西武戦 @西武ドーム) スコアボード


ページ上部に