榎田大樹ファンサイト

阪神タイガース・榎田大樹投手の非公式ファンサイトです。榎田投手の成績データ、関連ニュース、プロフィールなど。 サイトマップ

2011年8月17日(VS広島戦 @京セラドーム) 榎田投手の成績

投球回 球数 打者 打数 安打 本塁打 三振 四球 死球 犠打 暴投 ボーク 失点 自責点
1 20 4 4 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0

今日の榎田投手は、4?5と1点ビハインドの8回表から登板しました。

昨日(8月16日・広島戦)に続いての連投となったマウンド。対戦したのは、後半戦ぐっと調子を上げてきている4番・栗原から。しかし、全くタイミングを合わされることなく、空振り三振に仕留めました。続く5番・丸は、今シーズンめきめきと頭角を現してきていますが、難なくセカンドゴロに。前の打席でいい当たりの2塁打を放ったバーデンも打ち取り、あっさりと広島打線を片付けました。

今日は、先発・スタンリッジが珍しく早々に崩れ、中継ぎ陣が大忙し。控え投手も少なくなっていたこともあり、負けゲームでありながら榎田クンは9回表も登板。しかし、先頭の嶋にチョコンと合わされ、センター前ヒット。ここで、マウンドを小林宏に譲りました。

嶋が左打者ということで、おそらく、結果にかかわらず榎田クンはここまでの登板だったのでしょう。しかし、榎田クンが連投していることや、小林宏の精神面を考慮すると、イニングの頭からピッチャーを代えておくべきだったんじゃないでしょうか?

もし、榎田クンが出したランナーが生還すれば、榎田クンの失点ということにもなっていましたし・・・^^; 何はともあれ、榎田クンはこれで一軍復帰後3試合連続で無失点に抑えてくれました。

これで下位の広島相手にまさかの連敗。今週は、広島と横浜相手の戦いだっただけに、6連勝も夢ではないと思っていたのですが・・・。これで再び借金生活。もし、このままAクラスに残ってクライマックスシリーズに進出したとしても、今のような戦い方では勝ち抜くのは厳しいでしょうね。

2011年8月17日(VS広島戦 @京セラドーム) スコアボード


ページ上部に