榎田大樹ファンサイト

阪神タイガース・榎田大樹投手の非公式ファンサイトです。榎田投手の成績データ、関連ニュース、プロフィールなど。 サイトマップ

2011年8月20日(VS横浜戦 @横浜スタジアム) 榎田投手の成績

投球回 球数 打者 打数 安打 本塁打 三振 四球 死球 犠打 暴投 ボーク 失点 自責点
1 10 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

今日の榎田投手は、4?2と2点リードの7回裏に登板しました。

相手は、ここまで7試合に投げて防御率6.35と、やや苦手にしている横浜打線。しかも、迎える打者はクリーンアップの3人。でも、今日の榎田クンはとても落ち着いたピッチングを見せてくれました。

3番・スレッジには、いわゆる「スレッジ・シフト」を敷いていたため、センター前に抜けるか、という当たりを、セカンド・関本が好守。4番・村田には、タイミングを合わされることなくピッチャーゴロ。5番・ハーパーもセンターフライに打ち取り、三者凡退でピシャリ。

これで、いい流れをチームにもたらし、直後の8回表にはブラゼルの来日通算100号ホームランを呼び込みました。しかし、そのまた直後の8回裏に・・・。

勝利の方程式どおり、小林宏がマウンドへ。一時期、安定感を取り戻したかに思えたのですが、またまた調子を落としてきたようです。前日は、関東地方を襲った大雨の影響で、試合は中止。榎田クンをはじめ、中継ぎ陣にとっていい休養になったかと思われたのですが、小林宏には無関係だったみたいですね。

試合は、藤川球児が三者凡退できっちりと締めてくれて、何とか勝利をもぎ取り、連敗を3で止めました。それにしても、勝利の方程式の一角が完璧に機能していない今、先発投手陣や他の中継ぎ陣にのしかかる負担は大きいですね。

それにしても、榎田クンが一軍復帰してから、テレビやラジオなどで解説している評論家のみなさんは、口をそろえて「まだまだピーク時の榎田ではない」と話しています。それでも、復帰後5試合連続無失点なんです。投手の仕事は、点を与えないこと。これを、きっちりこなしているんですから、榎田クンは並みのルーキーではありません。

2011年8月20日(VS横浜戦 @横浜スタジアム) スコアボード

ページ上部に