2012年5月23日 オリックス戦の成績

2012年5月23日(VS オリックス戦 @京セラドーム)榎田投手の成績

投球回 球数 打者 打数 安打 本塁打 三振 四球 死球 犠打 暴投 ボーク 失点 自責点
1 13 4 4 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0

登板した回:8回裏
登板時スコア:8-2

2012年5月23日(VS オリックス戦 @京セラドーム)打者との対戦結果

対戦打者 左右 結果
大引 二ゴ
バルディリス 左安
李大浩 中飛
後藤 一邪

きのうに続いての連投。
榎田クンがランナーを許したのは、5月5日の巨人戦以来。
チームは、交流戦6試合目にして初勝利を挙げた。

2012年5月23日(VS オリックス戦 @京セラドーム)スコアボード


2012年5月22日 オリックス戦の成績

2012年5月22日(VS オリックス戦 @京セラドーム)榎田投手の成績

投球回 球数 打者 打数 安打 本塁打 三振 四球 死球 犠打 暴投 ボーク 失点 自責点
1 12 3 3 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0

登板した回:8回裏
登板時スコア:0-6

2012年5月22日(VS オリックス戦 @京セラドーム)打者との対戦結果

対戦打者 左右 結果
高橋信 二飛
川端 一ゴ
鈴木 空三振

大量リードをされていた8回に、榎田クンがマウンドへ。
5月13日以来、中8日での調整登板。
実戦感覚は鈍ることなく、ピシャリと三者凡退に抑えた。
チームは、交流戦5試合目で未だ勝ち星なし。

2012年5月22日(VS オリックス戦 @京セラドーム)スコアボード


2012年3月31日 DeNA戦の成績

2012年3月31日(VS DeNA戦 @京セラドーム)榎田投手の成績

投球回 球数 打者 打数 安打 本塁打 三振 四球 死球 犠打 暴投 ボーク 失点 自責点
1 23 5 4 1 0 1 0 1 0 0 0 0 0

登板した回:8回表
登板時スコア:3-2

2012年3月31日(VS DeNA戦 @京セラドーム)打者との対戦結果

対戦打者 左右 結果
小池 中安
藤田 死球
金城 見三
森本 遊ゴ
ラミレス 二飛

きのうとは一転、コントロールが定まらない。
途中から配球をカットボールと速球主体に変更。
怖いバッター・ラミレスにも臆することなくインハイの速球で勝負を挑み、
どん詰まりのセカンドフライに。なんとか、無失点で切り抜けた。
和田新監督の初勝利に貢献。

2012年3月31日(VS DeNA戦 @京セラドーム)スコアボード


2012年3月30日 DeNA戦の成績

2012年3月30日(VS DeNA戦 @京セラドーム)榎田投手の成績

投球回 球数 打者 打数 安打 本塁打 三振 四球 死球 犠打 暴投 ボーク 失点 自責点
1 12 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

登板した回:8回表
登板時スコア:4-3

2012年3月30日(VS DeNA戦 @京セラドーム)打者との対戦結果

対戦打者 左右 結果
小池 投直
中村 三ゴ
金城 左飛

待ちに待った2012年シーズンが開幕。
やはり今季もセットアッパーとしてマウンドに立つこととなった榎田クン。
開幕戦独特の緊張感もまったく見受けられず、とても落ち着いたようす。
DeNAのクリーンアップを相手に堂々とした投球内容だった。
初登板初ホールドを記録。

2012年3月30日(VS DeNA戦 @京セラドーム)スコアボード


球団ルーキー史上単独2位の記録を樹立!

2011年10月6日(VSヤクルト戦 @甲子園球場) 榎田投手の成績

投球回 球数 打者 打数 安打 本塁打 三振 四球 死球 犠打 暴投 ボーク 失点 自責点
1 16 4 3 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0

Continue reading “球団ルーキー史上単独2位の記録を樹立!”